発音

DMM英会話で発音レッスンにトライしてみた!SとSH

投稿日:

DMM英会話で発音レッスンにトライしてみた!SとSH

DMM英会話では、どんなレッスンを受けたいかを自分で選べるようになっています。


僕はその日の気分でどうしようか選んでいますが、まぁあんまり深く考えず、とりあえず毎日直接英語に触れ合うことが大事かな~なんて思いながら、

「じゃあ・・・今日はフリートーク!」

みたいな感じでレッスンの予約を入れています。

さてさて、DMM英会話をスタートしてから3週間ほど経ちますが、レッスンを受けていく中で色々な発見があります。実際に先生とお話してみて、文章の組み立て方が苦手だったりとか、覚えていたはずの単語が全然思い出せなかったりとか、思ったよりうまく発音ができないとか。

これって当たり前です。毎日使う必要のない言語ですし、かなり意識的に英語に触れ合う時間を作らないと、勝手に忘れていきます。こればっかりは仕方がない。

僕の場合は、割と英語の発音が好きなので、できるだけネイティブに近い発音になろうと努力しているのですが、これがかなり難しい。本当に練習あるのみだと思います。

発音レッスンをスタート!

ということで、先日から発音のレッスンをスタートしてみました。DMM英会話では、無料で利用できるテキストが結構いっぱいあるんですよ。

こんな感じ。「早口言葉」と「マザーグース」ってやつが選べるんですが、よく分からないのでとりあえず「早口言葉」のレッスン1から順番に特訓していてやろうかと。

発音レッスン 先生の選び方

DMM英会話では、圧倒的にフィリピン人の先生が多いです。英会話を始める始めないでよく議論になるのが、

「フィリピン人の英語はどうなの?」

です。正直僕も思っていました。せっかく始めるのに間違った英語を覚えたくないし、やっぱり欧米の先生がいるレッスンのほうがいいんじゃないかと。

ところが、いざ始めてみると、かなり発音が先生が多いことに気付きます。で、そういう先生は口を酸っぱく、

「英語の発音はめっちゃ大事やで!」

って言います。んー頼りになります!ということで、講師を選ぶときには「発音」が良い人を選ぶようにしています。DMM英会話では、割と多くの先生が自己PRの動画を用意しているので、英語の発音やその人の雰囲気なんかも事前に知ることができます。これはかなりありがたいですよね。

んで、今回、僕が選んだのはSophia先生。スーパー美人だはww

Tongue Twister 01 shとsの発音

まずは、発音テキストの一番上にあった「Tongue Twister 01 shとsの発音」というやつを選んでみました。発音に関しては、僕の場合どっから始めても一緒。一から叩き込まなきゃならんのです。

sとshの発音って何がどう違うの?という方は↓の動画で確認してみてね!

“She sells sea-shells by the seashore”

これを早口で言ってみよう!というレッスンだったのですが、かなり難しかったww いや、できる人はできるんでしょうけど。というか、僕も発音は昔から好きだったので、特に問題ないんじゃないかなーと軽い気持ちだったのですが、この早口言葉が全然言えない!www

普通に

「シーセルズシーシェルズバイザシーショー」

日本語ならこんな感じでスラスラ言えますよ、ええ。でも何が難しいかと言うと、

「sとshの絶妙な使い分け」

これでしゅ。もし、あなたが僕と同じぐらいのレベルであれば、きっと僕の気持ちも分かるはずです。レッスン後は脇汗ビッショリでした。最近ちょっと涼しくなってきたにも関わらず、です。

単音でs。スーーーーーーーって前歯の裏で音を鳴らす感じ?
単音でsh。シューーーーーーーみたいな感じで、ちょっと舌も頑張る感じ?

単音はまだ大丈夫なんです。単音は。問題は、それらが織り交ざったその「彼女は貝殻を売る」って文がスラスラ言えないんですよ。

レッスンの中では、先生がまず発音してくれて、いつも通りの「リピートアフタミー」をやります。その後、じゃあ自分で言ってみてーという感じでレッスンしていきます。そして気になる部分を指摘してもらい、それを何度も何度も何度もトライアゲン。まぁこのあたりの進め方は先生によるんでしょうけど、Sophia先生はそんな感じで進めてくれました。

最初の「She sells」

このときの「She」はちゃんとshで発音できるんですが、この文を連続で言うときに、次に言う「She」がsの発音になる。それ以外のsやshでも同じ現象が起こりました。つまり、「She」を「シー」で覚えていたってことになります。海を表す「Sea」だって、「シー」で覚えてたということです。だから、sとshが混ざったとき、発音も混ざるんです。たぶんね。

sとshを意識して徹底的な練習

このレッスンの翌日、暇さえあればこの早口言葉を、発音に気を付けながらずっと口ずさみました。何回やっても混ざるし、お?行けたかな?と思ったら、次は間違えるし。それぐらい、やっぱりこの「発音」っちゅーものは難しくって、でも楽しい。でもやっぱり何回も何回も練習してますが、だんだん慣れていくことに気付きます。丸一日意識して練習すれば、結構本格的なsとshが手に入りますよ。うん、僕ができたっぽいので、あなたにもできます。あと、練習する前の発音をスマホとかで録音しておいてください。そして後で聞いてみてみて。めっちゃ「違う」から!ww

まとめ

こんな感じで、テーマ別のレッスンやフリートークに「発音」という新カテゴリーも織り交ぜながら、どんどん英会話の練習をしていきます。これからもよろしくでしゅ!

たまねぎ

たまねぎ

-発音
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本人英語 正しい英語の発音はマスターするべきなの?

日本人英語 正しい英語の発音はマスターするべきなの? 今日もDMM英会話レッスンを受けました!一日一回、毎日レッスンを受けることができるので、今のところ可能な限り毎日受けてます。 英語でも、その他の言 …

no image

オンライン英会話 「often」の「t」は発音する人がいる・・・

オンライン英会話 「often」の「t」は発音する人がいる・・・ 皆さま、こんばんは。DMM英会話レッスンをスタートしてから3週間になります。現時点でのトータル会話時間は・・・ 375分!! 合間を縫 …