英語

独学で英語のスピーキングを上達させる14の方法

投稿日:2017年5月14日 更新日:

スピーキングを上達させるにはとにかく練習しかありません。でも、時間にもお金にもゆとりがあって、いつでも留学に行けたり英会話スクールに通えたりする人って、正直ごくわずかなんじゃないかなって思います。たとえ時間やお金にゆとりがなくても、夢を叶えるためにコツコツ貯金して、今は海外を飛び回ってる知人も正直何人かいるので、僕の場合は、「あ~もっと努力しておけば良かった」なんて後悔することも多々あります。

今はもうすでに社会人となり、家族もいて、英語の勉強に多くの時間を費やすことは現実的に厳しいものがあります。でもやっぱり「英語を話したい!」という気持ちはあります。

なので、留学をしなくても英語が話せるようになる方法をずっと探しています。そこで「オンライン英会話」なんですよね。このブログを始めたきっかけもそれでした。とにかく、好きな時間にスクールに通わずとも英会話のレッスンが受けられる。こんな魅力的なものはありません。しかも月5000円程度の費用です。

ところがですね、僕は今はオンライン英会話をやっていません。もちろん、いつでも戻る気ではいるんですけど、どうも「人と話す」と疲れちゃうんです。英語は話したい。けど人と話すのは疲れるから1人で英語を話す練習がしたい。そんなときだって、ありますよね。笑

スピーキング練習に役立ちそうなブログを探すときは、あえて日本のサイトをスキップしています。英語を話したいって思っているのは何も日本人だけじゃありません。第一言語が英語じゃなかったり、英語を使わなくても生活ができる国だってもちろんあります。

僕ら日本人と同じように、
英語が話せるようになりたい!
でも何をすればいいのか分からない!
周りに英語を話せる人がいない!

と悩んでいるヨーロッパ人だってもちろんいます。第二言語として外国語を学ぶときの悩みは、日本人であろうがヨーロッパ人であろうが、案外同じなんだなっていうのが僕個人の感想です。

そこで、「14 Methods for Improving Your Spoken English Without a Speaking Partner」というサイトを見つけたので、ざっと翻訳してみたいと思います。翻訳が間違っているときはコメントで教えてくれると助かります。すぐに直します。

***翻訳はここから***

全て自分でやる。ずっと一人。

分かりました。たぶんずっと一人なんてことはありえないと思うけど、とにかく今は一人で英語を練習しないといけないんですよね。

誰からの助けも借りずに一人で英語の勉強をする方法

ライティング、リーディング、リスニング。これらは一人で練習することができます。一人でね。

あなたはすでに美しい文章を書くことができ、数百もの単語を覚えた。

でも、いざ話そうとすると、何も出てこない。

世に出回るすべての本、ウェブサイト、アプリなどは、「流暢に英語を話せる方法」までは教えてくれません。

スピーキングの上達に最も必要なことは、ネイティブスピーカーと話すことです。

でもそういったオプション(ネイティブスピーカーと話すこと)を持っているとは限りません。英語を話す人が周りにいなかったら?時間がなかったら?ネイティブスピーカーと話すほど十分な自信がなかったら?

心配しないで。パートナーがいなくても、まだまだスピーキングを上達させることができます。

これからどうやって上達させるかを説明します。パートナーがいない?問題ありません!

パートナーなしで英語のスピーキングを上達させる14の方法

  1. 英語で考える
    新しい言語で話すときに難しいことは、その「言語」自体ではなく、それを「どのように考えるか」です。もしあなたの母国語で考え、英語で話そうとするならば、あなたはそれをいつも「翻訳」する必要があります。翻訳というものは簡単なものではありません。2言語以上の言語を流暢に話せる人であっても、言語を切り替えるときは苦労します。解決方法は「英語で考えること」これはいつでも、どこででもできることです。今日のことを考えるときや、レストランなどで何を注文するかを決めるときは、英語で考えるようにします。単語を調べるときは、英語から英語への辞書(英英辞典)を使ってみてください。このとき、決して母国語を使ってはいけません。これを繰り返すことで、将来的に英語で考えるときに、スピーキングにおいてより簡単に感じることができるでしょう。
  2. 自分に話す
    家に一人でいるときはいつでも(家以外であっても)あなたの好きな人と英語を練習することができます。あなたの好きな人。あなた自身です。英語で考えることに慣れたら、大きく声に出して話す練習をします。音読も同じです。たとえ間違いを指摘してくれるパートナーがいなくても、これはただの練習です。この練習は、スピーキングに自信を持つことができる手助けとなります。
  3. 鏡を使う
    いつであっても鏡の前で英語を話す数分間を捻出することはできるはずです。話すトピックを選び、タイマーを2~3分にセット。そしてただ話すだけ。この練習でのポイントは、話しているときのあなたの口、顔、身振り手振りを見ること。それは、まるであなたが誰かに話しかけているように感じさせ、勉強仲間とディスカッションしている「ふり」ができます。2~3分間、フルに話します。そして「止まらない」!単語や表現が出てこない場合は、あなたの言いたいことを別の方法で表現できるよう心掛けてください。この2~3分が終わればいつでも、その出てこなかった単語や表現を調べることができます。これは、あなたが不得意に感じている単語や文章の種類を見つけ出すのに必ず役に立ちます。
  4. 文法ではなく、流暢さに焦点を置く
    英語を話すとき、どれぐらいの頻度で止まりますか?止まれば止まるほど、自信もなくなり、不愉快に感じます。上の「鏡の前でのエクササイズ」をする中で、途中で止まったりどもったりしないで話せるようチャレンジしてみてください。文法的に完璧にはならないかもしれません。でもそれでOK!正確に話す代わりに「流暢に話すこと」にフォーカスしたほうが、理解され聞こえも良くなります。正確な表現や文法は、後で深く学んだり理解したときでも修正することができます。
  5. 早口言葉に挑戦
    早口言葉は素早く言うことが難しい単語の並びです。例:The thirty-three thieves thought that they thrilled the throne throughout Thursday.
    (33人の泥棒は木曜日中に国王をぞくぞくさせたと思った。)何回かトライしてみてください。簡単ではありません。このような言葉遊びは、口は舌の正しい位置の理解、発音の上達に役立ちます。このリンクから素晴らしい早口言葉リストを見つけることができます。 
  6. 聞いてリピートする
    英語のテレビ番組やYouTubeは見ますか?スピーキングを鍛えるためにこれらを使いましょう。短いパートを選び、行ごと(フレーズごと)にそれを繰り返し再生します。音調やスピード、可能ならアクセントが同じになるようにトライします。いくつかの単語が言えなかったとしても、それは問題ありません。重要なのは「話し続けること」。画面の中のネイティブスピーカーのように聞こえるようトライしましょう。(ここから、翻訳先のサイトFluentUの宣伝で、翻訳が面倒なので割愛します)
  7. 強調音に注意する
    英語は「強調」を単語や文章の中に用います。つまり、単語や文章に異なる意味合いを持たせるために、アクセントを付けたり、強調したりする必要がある、ということです。ネイティブスピーカーが話すときに、どこを強調しているかを聞きましょう。そして、同じ方法でリピートしてみましょう。これは、スピーキング上達の助けとなるだけでなく、誤った理解を減らす可能性もあります。ときに、間違った音節に強調を置くことで、言葉を完全に変えてしまうことがあります。例えば、ADdressとadDRESSは同じ言葉ではありません。ADdressは誰かが住んでいる物理的な場所、そしてadDRESSは、ある人々のグループに対し正式に話す、という意味になります。(大文字の部分にアクセントが置かれます)違いを学びましょう!
  8. 英語の歌を歌う
    好きな歌を一人で歌うことは、英語を流暢に話すために役立ちます。Taylor SwiftやJason Mrazの曲を歌うと、少しだけ難しいあるものであなたのスキルをテストすることができます。そうです、ラップです。英語を練習するうえで「ラップ」はとても良い方法です。なぜなら、言葉はよく「ちゃんとした文章」のように話されるからです。でも、ラッパーは強めのリズムを好み、スピードも速いです。また、いくつかの言葉は「意味のないもの」である場合もあります。それでも、その「ラップ」に付いていくことは、英語を流暢に話すことの大きな手助けとなるはずです。
  9. 新しい単語で語形を学ぶ
    口を開けて話す前に行う練習もあります。知っている単語の違う語形を学ぶことによって、スピーキングを簡単にできます。この練習は、新しい単語を学ぶときに行うべきです。例えば、たった今「write」という単語を学んだとします。このとき、「wrote(writeの過去形)」や「written(writeの過去分詞形)」も一緒に学ぶべきです。
  10. 単語ではなくフレーズを学ぶ
    単に単語を覚えるのではなく、フレーズを覚えることは、さらに良いアイデアです。正しい文法とボキャブラリーを使っていたとしても、ネイティブのそれとはまだ違う可能性があります。例えば、”how do you feel today?”とあなたは言うとします。でもネイティブは”how’re you doing?”とか”what’s up?”のようなフレーズを代わりに使うかもしれません。フレーズや表現の習得は、あなたのスピーキングが自然に聞こえるのに役立ちます。
  11. 自分が最もよく使う(言う)言葉を知る
    母国語で話すとき、あなたがどのように話しているか、少し時間を取ってじっくり調べてみましょう。どんな単語やフレーズを頻繁に使っていますか?英語でも同じように調べてみましょう。どんな単語やフレーズをよく使いますか?それらを知ることは、あなたの英語のスピーキングの手助けとなります。母国語と同じように。
  12. 特定のシチュエーションを用意する
    英語を学んでいる理由は何ですか?英語が必要な会社で働くため?その場合は「面接」を英語で練習するべきです。アメリカで友達を作るため?それならまた違った種類の英語が必要でしょう。英語を話さなければならない場所に行く前に、そこで話す単語は文章を練習してみましょう。もしレストランに行くための準備ならどんな会話になるでしょう?ウェイターに聞かれたときの答え、食事やメニューについて話す練習をしましょう。準備して出掛けたなら、もっと自信を持てるはず! 
  13. リラックスする
    スピーキング練習において、あなた自身が一番のパートナーでもあり、一番の敵でもあります。簡単なものではないことは私たちも知っています。でも、あなたのスピーキングがどのように聞こえているかは気にしないように。リラックス!話している最中に止まってしまったり、混乱してしまったりしたときは、大きく深呼吸をして、またやり直せばいい。必要ならゆっくり話せばいい。話を止めて、次の文章を考えるのに時間を使えばいい。英語を快適に話せるように何でもやってみて。
  14. 母国語のストーリーを英語で言う
    あなたのスピーキングがどれぐらい上達したのかをテストできる楽しい方法があります。あなたが本当によく知っている話を選び、それを英語で話します。その話をするときは、英語で考えることを忘れないで。正確さよりも流暢さにフォーカスしてください。そしてすべての文章を大きな声であなた自身に向かって話します。たとえ英語を話せる人がいなくても、あなたの時間で自信を持つこともできるし、流暢さもマスターすることだってできます。いくつかの点では、一人スピーキング練習のほうが誰かとやるより簡単かもしれませんね!

***翻訳ここまで***

たまねぎ

たまねぎ

-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

米アマゾンのカスタマーセンターがなんとフィリピンにあったw

米Amazonとチャットした 今日、ある用件でアメリカのアマゾンに問い合わせをしました。日本のアマゾンも同じだと思いますが、何かあればいつでもメールでもチャットでも問い合わせることができます。 今回、 …

Are You Sure? の発音(アメリカ英語)

  個人的には、発音はちゃんと練習するべきだと思います。キレイな発音のほうがカッコイイでしょ?発音に力を入れる入れないは結構意見が分かれるので、発音頑張りたいなーという人は頑張れば良いし、俺 …

no image

英語の文法は音と感覚で覚えるべし!

英検2級受験に向けて文法を勉強しています 3年ほど前に購入した英検2級対策用の本をようやく開きました。文法、単語、作文、長文読解~みたいな流れで構成されています。本試験でも、まずは文法や単語系の問題か …

no image

主語が三人称単数のときの「wanna」

「wanna」って何? 映画でも洋楽でも、必ず一度は耳にする「wanna(ワナ)」。ご存知のとおり、「~したい」の「want to」が短縮された形ですよね。 まず、「want to」を使った例文を挙げ …

no image

オンライン英会話 無料レッスン→月額課金 スムーズな誘導に乾杯

  オンライン英会話 無料レッスン→月額課金 スムーズな誘導に乾杯 英語大好きな皆さま、ご機嫌麗しゅうございます。ヤスオと申します。 本日より、英語が好きなのに全然しゃべれない!と長年悩んで …